身体障がい者で仕事の探し方、求人や仕事が見つからない方、相談乗ります。スマホ・パソコン業務に挑戦

身体障がいをお持ちの方で、
・仕事を探している方
・または仕事が見つからない
・求人が見つからない、

など、お困りの方、ぜひご相談ください。TAMAMONOで仕事のスキル磨きませんか?

Apple製品には数多くのアクセシビリティ機能がついています。Mac、iPhone、iPadで仕事をする方法を提案します。

今まで思いもしなかった働き方が見つかるかもしれません。パソコン、スマートフォン、タブレットの仕事を探している利用者の方、またご家族や関係者と話をし、快適なライフスタイルを目指します。

※現在リモートによる働き方も模索中

IT、アクセシビリティ、障がいの関係

Appleのアクセシビリティへの取り組みを動画でご紹介していきます。

Appleのアクセシビリティ

https://www.apple.com/jp/accessibility/

上記ページで大まかな使い方がわかります。

Appleの公式動画。

こちらは盲目の方向けのiPadの使い方。英語ですが、字幕表示で日本語テロップをだしてくれます。

身体の障がいの場合、どういった使い方が良いのか説明をしている動画

Apple公式サイト Apple、クリエイター、障がい者の権利を訴える活動家と共に、米国障がい者法制定30周年を考える

海外でのAppleの活動内容です。リンクよりご確認できます。

Apple公式サイト NewsRoom

一部抜粋

例えば、四肢が麻痺しているので毎日24時間ヘルパーが付きっきりで生活の世話をしてもらう必要があった人が、スイッチコントロールのおかげで、今では自分でアパートを借りて自分一人で生活している、そんな人に出会うと、テクノロジーがもたらした新しい生活は人生を激変させるようなライフチェンジャーと言えるほど画期的な出来事であることが分かるでしょう。ADAの制定から30年の歳月を経た今、その恩恵は今回ご紹介したような結果として現れています。私自身は学校に通い、画面に表示されるコードを自分に読んでくれる人間を必要としましたが、今ではスクリーンリーダーに代表されるアクセシビリティのためのツールを利用することで、実際にエンジニアとして職を得ている人々もいます。そして彼らにとってこれはとてつもなく大きなことです。

Apple NewaRoom

障がい者向け情報が少ない?

タマモノでは、事業所の運営内容や、日本、世界の障がいの情報も発信していきます。取り入れられる技術や方法は試し、就労活動の幅を広がていきます。企業

«

»