会話が多い事業所。その内容は「作業」や「仕事」について。少しの会話から作業内容が生まれる。

TAMAMONO事業所に新しい作業テーブルが増えました。そう、テーブルが足りなくなってきたのです。(テーブル搬入には一悶着ありましたが、とにかくテーブル増えました!)

一般的なB型事業所と比較するとTAMAMONOの事業所は少し小さいですが、その分、風通しがよく、スタッフ間、利用しているメンバーの声がよく聞こえます。最初はこういった環境に馴染まないかもしれないと言っていたメンバーも、少しずつ慣れていってもらい、明るい雰囲気で作業時間を過ごしています。

3週間で定員半分達成。だが、まだまだだ!

4月1日開所から今日でちょうど21日目3週間が経過しました。

スタッフの努力、関係者の助けもあり、20名定員の半分を達成しました。半分というと10名前後ですが、TAMAMONOのファンであり、メンバーになってくれた方が多く、利用を決めた方の紹介があり、リアル口コミは我々スタッフは嬉しい限りです!!!!!

改めて、TAMAMONOファン、メンバー、支援員、関係者に心よりお礼申し上げます。

豊富な体験から自分にあった「仕事」を探す

日々、支援員はTAMAMONOのメンバー(利用者)にどういった体験を提供するか話し合っています。前回も言ったように、毎週毎週新しい作業が生まれます。

一通りの作業を覚えてから、自分にあった仕事に集中していけば良いし、作業内容を決めた後も、何か違うと感じれば方向転換を促します。

詳しくはTAMAMONOのInstagramでチェック!

TAMAMONO公式Instagram

「こんな事もやるんですか!?」

と言われるのが私たちの喜びです。私たち支援をする側が諦める事は絶対にしません。そのため、覚える事も多いですが、支援を必要としている人の小さい可能性を見逃さないためにも、反省し、スタッフ間で話し合い、改善し、メンバーには今私たちができる最高な場所(環境)を用意していきます。

事業所内OJTは評判、満足度、共に高い!

メンバーの表情を見て、かなり主観的な判断ですが、事業所内OJTは評価が高かったです。アクセサリー作り、撮影、発送までを1日で行いました。撮影はスマホですが、自然光を中心に撮影するため、てんぶす裏の公園で撮影をしました。発送はてんぶす館に併設されているローソンからできます。

(めちゃくちゃ環境良い 笑)

副業を始めたいメンバーもいて、最初から最後まで一連の流れを体験できた事の充実感があったのか、良い感じで業務を終了しました。まさに仕事、社会に関わっている事が実感できます。

来週から新しい作業が2つ追加

TAMAMONOは止まらない!

サビ管、管理者、職業指導員、新米生活指導員も3週間でようやく事業所の1日の流れ、時間の使い方がわかってきたところですが、来週からまた作業が増えます。皆で頑張りましょう!

「取りこぼしのない福祉」の実現を本気で目指すTAMAMONOは、メンバーが増えるたびに新しい作業が増えるのです。

それもこれも、日々の小さな会話から生まれます。

小さな会話には、メンバーの今後の生活、人生に左右する大きなヒントがあり、そのヒントは次のメンバーにとっても大切な事だったりします。

何ができるかわからない、何がしたいかわからない、と悩んでいる人は、相談ください。私たちとあなたの小さな会話の連続が、きっとあなたのライフスタイルに変化を生み出します。

さぁ、半歩前進。
TAMAMONOは、きっと力になります。

«

»