社内OJTコンプリート!B型就労継続支援事業所で物販に挑戦。「土台」しっかりTAMAMONOスタイル(那覇・浦添)

1day物販体験を実施したので、少しだけシェアします。

OJTとは、簡単にいうと職場体験、仕事体験のことです。(On the job training だったはず)

私たちTAMAMONOで、事業所を利用いているメンバーに対して、OJTを実施しました。その内容を説明します。

OJTで行ったこと。

アクセサリー制作、撮影、販売、発送
この作業を3時間ほどで実施。

え?どこの事業所でもやっていませんか?と、思われるでしょう。

しかし!ここがTAMAMONO(那覇店)でしか実現できないのでは?
というポイントを紹介させて下さい。

プロデザイナーがTAMAMONOに在籍

私たちTAMAMONO(B型事業所)のスタッフは、多くのプロがいます。

その一人がプロのデザイナーです。

アクセサリー販売と言っても、売れる物、売れない物があります。就労支援だろうが、一般だろうが、大手企業だろうが、売れる物売れない物はあります。

TAMAMONOのプロのデザイナーは常に「売れる」にアンテナを張っています。その中で売れる型を見つけアクセサリー作りをしていきます。(市場調査は時間がかかります)

アクセサリーもそうですが、アクセサリーを乗せる台紙にもこだわり、もちろんロゴにもこだわります。そして自社内で売れるサイトを運営しているため、売れるチャンスが増えるのです!

作った商品の見せ方にもこだわります。
デザイナーは撮影までレクチャーができます。
経験から売れる撮影方法もあるようです。

隣がローソン(インフラが整っている)

は?と思ってしまうかもしれませんが、隣がローソン(コンビニ)があるのはメリットです。それは、すぐに発送が可能になること!!物販をしていた人なら共感できるポイントかと思います。

商品が売れたらすぐに発送する、商品が購入者へすぐに届く。商品が早く届くというのは消費者満足度が上がります。そうするとリピーターになったり、口コミが良くなり次の販売に繋がります。

鉄板商品と新商品サイクル

物販において、常に一定の売上を上げる商品もあれば、爆発的に売れるが、売れる時期は短い商品もあります。TAMAMONOではこの2つのバランスも保っています。

安定して売れる商品と、短期的に売れる商品です。

特に、短期的に売れる商品は、売れなくなるのも早いのが特徴。そのためTAMAMONOでは、季節や時流にあった商品を作り続けています。この2つのカテゴリ(安定商品、トレンド商品)が安定するには、経験と行動が必要です。

土台があるから実現できたOJT

商品の作り方、撮影方法、発送までの時間、そして売れる商品の見極め方、この経験があるデザイナーが在籍しているからこそ出来る特別なOJTです。

私たちTAMAMONOでは、色々な土台の上で福祉サービスを支えています。就労継続支援という名の通り、就労を目標としたり、働く挑戦をしてみたい人が利用できるために、支援スタッフは常にアップデートしています。

急にセッション(仕事)が始まる

今はこっそりアフィリエイトブロガーを育成中。これもまたアフィリエイトブログ経験者がいるから実践できることです。(インスタでその模様を紹介しています)

TAMAMONOの1年目は型がないのが型。

急に始まる仕事を支援員が提案する事もあれば、午前午後で仕事を分けるメンバーもいます。まだまだしっくりこないなーと思っている人もいます。だからこそ、どしどし仕事や作業を持ってきては挑戦していきます。

っていう環境に、興味ある人は見学に来て下さい!

«

»