【イラレ初心者】沖縄・那覇Illustrator使い方・練習/イラストレーター/グラフィックデザインソフト

こんにちわ、動画編集担当のマイマイです。

が、昨日今日とIllustrator (イラストレーター)の使い方を勉強しています。

Illustrator (イラストレーター)の名前はもちろん知っていたのですが、全く触ったことがないので、教科書を参考に最初から1ページずつ勉強を始めました。

Illustrator (イラストレーター)とはどんなソフト?

米アドビ・システムズ(Adobe)社から出ているグラフィックデザインソフトで、図形描画や編集を行います。図形や文字などを組み合わせて、図表、イラストレーション、デザインなどを作成します。具体的な作品として、名刺、ロゴデザイン、ちらし、ポスターなどあらゆるデザインがあげられます。

Illustrator (イラストレーター)で何を学んだ?

最初、何かをデザインしながらツールを学んでいこうかと思ったのですが、上の画面を見ていただくと分かる通り、ものすごく多くのメニューやツールがありますし、そもそも何が何だかわからないので意味がないなと思い、教科書を一から学び始めました。

昨日は、Illustrator (イラストレーター)の起動から、ツールバーの使い方、パネルの操作方法などの基本操作と線や図形の書き方を学びました。

昨日覚えたイラストレーター用語(抜粋)

  • オブジェクト・・・作成した図形やイラストのこと
  • パス・・・ペンツールなど描画した線のこと
  • レイヤー・・・直訳で「層」「重なり」と呼ばれるもので、透明なフィルムをみたいなものです。一つのデザインは、オブジェクトが乗っている透明フィルムが重なってできています。

今日は、ペンツールで線を書いたり、図形を作成できる、長方形ツール、スターツール、スパイラルツールなどを使って練習しました。そのほか、ハサミツールでパスを切断してみたり、パスを動かして丸をハートに変形させてみたり、シアーツールでオブジェクトを傾斜させてみたり、1ページ1ページ進めていきました。

今日覚えたイラストレーター用語(抜粋)

  • アンカーポイント・・・パスを変形させるためのポイントのこと

ということで、学んだこと全ては書けませんが、色々勉強しています。明日以降も、まだまだ、先は長いですが、Illustrator (イラストレーター)を一歩一歩確実に進んで行きたいと思います。

前回の記事はこちら

【動画編集初心者】沖縄・iMovie10.3.2のテキスト全54種類紹介/文字入れ・テロップ/スライド・分割・クロマティック・焦点・線・ポップアップ・プリズム・エコー・オーバーラップ・エンドロール・ドリフト・ズーム・エコー・日付時間

スタッフコメント

マイマイさん、Illustratorデビューおめでとうございます。日々上達が見られて嬉しい限りです。Mac初心者だったあの頃が懐かしいほど、今は自力で学べる様になりましたね!

ブログからも感じますが、基礎はできてきているので、今後は実践形式で技術を磨いていきましょう。(Wordpressの記事構成もバッチリです!)

来週はIllustratorで名刺作成頑張ってみてください!
91mm×55mmでトンボ!

«

»