タマモノ那覇通信「TAMAMONO JOURNAL」をIllustrator2022で作成!

こんにちは、マイマイです。

先日、タマモノ那覇の活動をまとめた「TAMAMONO JOURNAL」をIllustrator2022で作成しました!

今回は6月にやった作業やレクリエーションを紹介しました。

今後1ヶ月に一回ジャーナルを作っていくので、模索しながら作ってみました。

「TAMAMONO JOURNAL」の作成手順

  1. 6月何やったか調査
  2. 素材集め
  3. レイアウトを考える
  4. キャッチコピーや文章を考える
  5. 文章校正などもろもろチェック
  6. 完成

1、まず、6月にやった作業やレクリエーションを調査する

パソコンチームと手工芸チームのやった作業をブログなどで振り返り確認して、タマモノ全体のレクリエーションも確認しました。

2、画像などの素材集め

スタッフさんから、手工芸の作業写真やレクリエーション写真をもらう。

また、ブログなどから画像を引っ張ってくる。

3、ジャーナルのレイアウトを考える

大きな見出し、出来事は何かを考え、スタッフメンバーみんなで行ったしゃぶしゃぶ食べ放題のレクリエーションを目玉にしました。あと、しゃぶしゃぶタワーの画像がインパクトあったのも、ジャーナルの目玉にする要因の一つでした。

画像のレイアウトが難しかったです。それぞれ違うサイズの画像を合わせていったり、画像と文章のバランスを考えるのが意外と難しかったです。

あと、記事にいれらなかった出来事もあるのが心残りです。

4、キャッチコピーや文章を考える

今回は、作りながら文章やキャッチコピーを考えていったので、画像のレイアウト次第で文字数とか決まっちゃっていることが、文章の内容を中途半端にした原因ではないでしょうか。

キャッチコピーは、思いつきです。

次回は、画像を揃えるのと同じように前もって、文章を考えていきます。

5、文章校正やレイアウトをチェックする

文章は誤字脱字がないか、レイアウトがずれてないかをチェックしました。

6、完成。プリントアウト

完成させ、スタッフさんにチェックしてもらい、プリントアウトしました。

プリントアウトしたら、下が切れていました。プリントアウトする際、余白のチェックをしなかったのが原因です。

また、プリントアウトしたことで、このジャーナルの改善点も見えてきました。

「TAMAMONO JOURNAL」の改善点

プリントアウトして見えてきた改善点は、まず画像のサイズ合わせです。作成している最中にもサイズ合わせた方がいいかな?とは思っていたのですが、時間かかると思い、やりませんでした。

スタッフさんに指摘されて、画像サイズ合わせた方が見やすいということもわかりました。

次に、キャッチコピーや文章が中途半端だったことです。今回はまるまる全部自分で作ったので、練り込んだ文章を考える時間もなかったのが原因です。

最後に、記事に入れられなかった作業があることです。例えば、パソコンチームでは、計3人が取得できたApple Teacherのこと、手工芸チームでは、外部講師を呼んでのアルコールインクアート、塩作り、シーグラスキャンディなどです。

もちろん、スペースには限りあるので、絞っていかなくちゃならないのは確かですが、うまい具合にレイアウトすれば網羅できるかなと思います。

「TAMAMONO JOURNAL」の今後の制作について

今回は、試しに自分一人で作りましたが、来月からはメンバーと協力して作っていこうと思います。

文章やキャッチコピー担当、手描きの絵担当など、各担当に考えてもらったのを集めて、僕がレイアウトしていこうかなと思います。

もちろん、レイアウト悩んだら、みんなに相談したりはします。

ということで、来月の「TAMAMONO JOURNAL」もお楽しみに!

ちなみに、私事ですが、本日6月24日で沖縄移住まる10年となりました!!パチパチ!

«

»